記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

三重県伊勢市朝熊町

朝熊ヶ岳は、伊勢国と志摩国の国境にあり、伊勢神宮の鬼門を守護する山として、神宮とともに信仰されていた山です。「伊勢へ参らば朝熊を駆けよ、朝熊駆けねば片参り」という言葉もあるように、伊勢神宮に参拝した人は、朝熊ヶ岳山頂にある金剛証寺にも参拝するのが常識でした。その朝熊ヶ岳の北側が朝熊区(三重県度会郡四郷村大字朝熊。現伊勢市朝熊町)であり、朝熊川をはさんで北部(被差別部落側)と南部に分かれていました。...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。